不貞行為は違法

不貞行為は違法

よく「浮気は男の甲斐性だ!」などという言葉が聞かれますが、実はこの行為は不貞行為と呼ばれ、違法であることはご存じでしょうか?
ちょっとした気の緩みから夫婦間が険悪になり、最終的に裁判沙汰になって慰謝料を請求されるケースもめずらしくありませんので、簡単にこのような行為に走ってしまうのは控えなければなりません。

まず浮気や不倫に関して日本の法律では明確な基準が設けられているわけではありませんし、それを罰する法律はありません。
しかし民法770条で「配偶者以外の者と肉体関係をもつ行為は夫婦の貞操義務に反した不貞行為である」と定義されているため、婚姻関係にある配偶者がいるにもかかわらずほかの異性と性的な関係を持ってしまった場合は公に慰謝料を請求する権利が与えられてしまうのです。

ちょっとした気の緩みからついつい浮気心で…といったことでものちのち大事に発展することもめずらしくありませんし、最初はその気がなくてもそのうち気持ちが燃え上がってしまって本気になるケースもけっこうあります。
こうなってくると家庭での夫婦関係は著しく悪いものになるでしょうし、別居や離婚に向けて動き出すと思いますから、慰謝料を支払わなければならない状況は免れないでしょう。

そして不貞行為はどうしても男性に該当するイメージが強いのですが、当然女性にも該当しますし、女性に不貞行為があった場合は男性から女性へ慰謝料を請求することも可能です。
ただ女性が専業主婦だったりして収入がない場合、慰謝料を請求すると言っても取れるお金がありませんので、この場合は慰謝料という形ではなく、離婚によって相手に出て行ってもらうことで責任を果たすケースが多いです。

ただ不貞行為があったと判断するのは自分自身ではなく、最終的に裁判所が判断することなので、いくら不貞行為があった!と主張してもそれを示すだけの証拠がなければ意味がありませんし、それでは慰謝料を請求することも離婚を決めることもできません。
したがって、もしそのような行為が疑われる場合はまず証拠をしっかり掴まなければなりませんので、怒りの気持ちが強くなってもグッと抑えて、証拠を掴むことに専念してください。
最近では探偵や調査機関など不貞行為の証拠を見つけることを専門にしているところも多いですから、自分でできることとそういったところへ依頼することを分けて調査をして無理せず確実に進めていくようにしてください。