慰謝料の相談

慰謝料の相談

パートナーの不倫があって慰謝料の請求をしたい場合、誰に相談するのがベストなのでしょうか?
まず不倫とは結婚している状態ではじめて成立するものであり、一般的に夫あるいは妻が別の異性と性的な関係にあるときに使われる言葉です。
慰謝料を請求できるのも当然婚姻関係になければ問題にできませんから、未婚の状態でパートナーが別の異性と性的な関係を持っていても相談は可能ですが慰謝料の請求はできないでしょう。
まずこの部分が大前提にあって初めて慰謝料の話題に進むことができることを覚えておいてください。

次に相談相手ですが、慰謝料を請求するということはその点に関して交渉をしたり、裁判に発展する可能性が高いため、弁護士に依頼することになります。
弁護士は相談相手になってくれるだけでなく問題解決に向けて様々な提案、行動をしてくれますし、代理人としての役割も果たしてくれるため、とても心強いでしょう。

弁護士に相談するのって高いのでは?と思っている方も多いでしょうが、実は弁護士は依頼を受けて初めて報酬に関する話が進みますから、相談だけなら無料でできるところがほとんどです。
たとえば話だけ聞いて慰謝料を請求できそうにない事案であるにもかかわらず料金を取ることはできませんし、それをやってしまうと依頼してくる人もいなくなるので弁護士側としてもデメリットにしかなりません。
さらに最近ではインターネット上で無料法律相談をやっている弁護士もたくさんいますし、地域の催しで無料法律相談会を開催しているところもあります。
そういったところで相談してみるのもひとつの手段ですから、積極的に情報収集をして選択肢を増やしてください。

また、弁護士を探すときのポイントとしてまずあげられるのが「不倫や離婚問題に強い」弁護士に相談することです。
弁護士とひと言で言っても全員が不倫・離婚問題を専門にしているわけではなく、借金問題や遺産相続問題、刑事事件などそれぞれ専門分野が異なりますから、必ず不倫・離婚問題をよく扱っている人に相談しましょう。

さらに選択肢ができるだけ多いほうがいいので、ひとりの弁護士だけに相談するよりも複数の弁護士から話を聞いて自分に合う人を見つけるのも大切です。
デリケートな問題の解決に向けて一緒に頑張るわけですから、信頼できない人やフィーリングがよくない人に依頼してもそこで新たなストレスを生み出してしまいます。
弁護士は自分の分身になる人だと思って慎重に探してください。