不貞行為による慰謝料の相場

不貞行為による慰謝料の相場

不貞行為があったときに相手に対して慰謝料を請求したい場合、どのくらいの金額が相場になるのでしょうか?
これは行動を起こそうとしている人のほとんどが気になっている点でしょうし、ここが分からなければ不安になると思います。

はじめに一般的な不貞行為の慰謝料の相場はおよそ50万円から300万円だと言われており、どのような内容であったか、それによってどのような悪い影響があったかという点が大きなポイントになります。
不貞行為とひと言で言っても解釈はその人によって異なり、かなりあいまいになってしまいますが、慰謝料を請求する場合ある程度基準があります。
まず不貞行為にあたるのは不倫行為で浮気の場合は該当しないというのがよくある定義となっており、結婚していることが前提となります。
したがって未婚の状態でパートナーに浮気をされても慰謝料を請求することはできませんし、それが原因で別れることになっても変わりません。

不倫は結婚している状態でないと使わない言葉ですが、結婚していても浮気という言葉を使うことがあります。
これはどこを境界線にしているかと言うと、食事やデート、キスまでが浮気、身体のふれあいがあったりオーラルセックス、セックスがあると不倫という風に分けているケースがほとんどです。

たとえば弁護士にパートナーが不貞行為をしているので慰謝料を請求したいと相談した場合、必ずどのような行為があったのか確認されますが、食事やデートは確認することができてもそれが一概に悪いとは言えませんし、キスまでだと少し証拠としては弱いと判断されてしまいます。
ただ、慰謝料の金額を左右する要素はいくつかあって、不倫相手との年齢差や婚姻期間、不倫が分かるまでの夫婦関係、自分自身に落ち度はなかったか、浮気相手の確認、浮気の主導者、反省の有無など判断要素はいくつもあります。
ですから、必ずしもキスだけしか確認できなかったから慰謝料は諦めるしかないと思う必要はありません。

逆に不倫行為をしていた期間が短く、反省が大いに感じられる場合は慰謝料の金額を減額する方向で進められることもありますので、このあたりは難しい判断になるでしょう。
いずれにしても不貞行為の慰謝料の相場はだいたいこれくらいとしか言えず、正確な金額を出すのは実際に交渉や裁判をしてみないと分からないのです。
ただ証拠となるものはできるだけ多い方が良いので、相談する段階で証拠になりそうなものは揃えておくといいでしょう。