不貞行為による慰謝料の判例

不貞行為による慰謝料の判例

パートナーの不貞行為によって慰謝料の請求を行う場合、代理人間の交渉で収まる場合もありますが、こじれてくると裁判によって和解交渉をしたり、それでもうまくいかなければ裁判官の判決によって決められます。
不貞行為によって請求できる慰謝料の金額はどのような内容だったか、どれくらいの期間だったかなど判断基準がいろいろありますから、一概に相場を述べることも難しいです。
そこでここでは過去にあった不貞行為によって慰謝料が発生した判例を紹介したいと思います。

まずひとつめは結婚しているにも関わらず、別の女性と同棲をはじめてしまい、その後一旦は同棲解消したものの、再度同棲を開始したケースがあります。
このケースはもともと夫婦間の問題がなかったのですが、夫側が別の女性に対して愛情を抱いてしまい、その結果家を出る形で同棲をはじめました。
その間生活費はある程度渡していたものの、同棲先のほうの生活を優先させており、女性も妊娠していたため最終的にそちらの女性と一緒になりたいという意思を示していたそうです。
この判例で原告側の妻は被告の夫に対して500万円の慰謝料を請求した結果、請求通りの500万円を認容されたそうです。

次に夫が別の異性と長期間に渡り不貞行為を繰り返していて、不貞開始前は夫婦関係が悪かったわけではないものの、不貞発覚後に悪くなったケースで、原告の妻が被告の夫に対して1,000万円の慰謝料を請求した判例があります。
しかし認容されたのは150万円だったそうで、これは原告の妻にも大きな原因があったためです。
夫婦関係は悪くなかったものの、妻は専業主婦をすることを容認していたにもかかわらず、掃除や洗濯など家事をまったくやらず、外出を繰り返していたそうです。
また金遣いも荒く、それに不満を抱き始めた夫が別の女性と不貞行為に至ったとのことでした。
この判例では双方に責任があるとみなされたため、思った以上の慰謝料を請求することはできなかったのです。

さらに妻が子供の学校の教員と不貞行為を20年間に及んで行っていた判例では、請求額1,200万円に対して認容額は300万円となりました。
これはもともとの請求額が高かったことと、生活の基盤を夫側が支えていたことが基準となったみたいです。

このように不貞行為による判例はいろいろなケースがありますので、これから慰謝料の請求を検討しているならこういった情報も目を通しておくといいでしょう。