不倫で相手に支払う慰謝料

不倫で相手に支払う慰謝料

結婚しているにもかかわらずパートナーが不倫してしまった場合、その後の展開によっては慰謝料を請求する可能性も出てくると思いますが、どのように進めて行けばいいのでしょうか?
ここでは不倫の際に発生する慰謝料についてお話していきますので、現在パートナーの不倫で悩んでいる方は参考にしてください。

はじめに不倫という言葉はとても曖昧な言葉で、どこまでが不倫じゃなくてどこからが不倫なのか、また不倫したときに支払われる慰謝料の相場など気になる点はいくつかあると思います。
まず不倫の境界線ですが、これは慰謝料を請求できるかどうかを基準にすると「不倫した相手と性的な関係があったか?」「その行為によって夫婦関係や生活に影響があったか?」という2点がポイントになります。

たとえばパートナーがほかの異性と食事に出かけた場合、たとえ嫉妬心があったとしてもそれは一般的にもないとは言えない行動ですし、その時点で確実に不倫だと断定することはできません。
慰謝料を請求できる境界線は厳密に言うと食事やデート、キスまでならOK、身体のふれあいはグレー、オーラルセックスやセックスはNGという感じで判断されます。

もちろんされた側はどれも嫌だと思いますし、キスだけだから許さなければならないというわけではありません。
これはあくまでも慰謝料を請求するかどうかを決めるときの判断基準であり、たとえば性的な関係が確認できなくても家庭を顧みずに何度も食事やデートを重ねていればそれは生活に大きな影響が出ていることになりますし、そこから離婚問題に発展する可能性は大いにあります。
そうすると性的な関係は確認できなくても慰謝料の請求対象になります。

また、もうひとつの基準として「どのくらいの期間不倫行為があったのか?」もポイントになり、先ほどお話したように長期間に及んで家庭を顧みない行動があった場合は慰謝料の金額も多くなる可能性が高くなります。
さらにそれまでの夫婦関係が良好だったにもかかわらず不倫によって破たんした場合も慰謝料は高くなりますし、離婚を前提に別居となったり、子供がいる場合も高くなります。
逆にもともと夫婦関係が悪い状態でそういう行為があった場合は思ったよりも慰謝料が取れない可能性があり、その後も同居を続ける場合も家庭環境の破たんとまでは判断されず慰謝料の金額が低くなることもあります。

いずれにしても詳しい点については弁護士などの専門家へ問い合わせるのがいいでしょう。