不貞行為の定義

不貞行為の定義

浮気や不倫のことを不貞行為と呼ぶことがありますが、そもそも不貞行為の定義とはどこにあるのでしょうか?
これは後に裁判などで慰謝料を請求するときの争点にもなりますから、ある程度覚えておいたほうがいいかもしれません。

最初に不貞行為とは何か定義づけをするときに重要なのが「浮気と不倫」の違いで、この2つの言葉は浮気の方が軽く不倫のほうが重いイメージがあります。
不倫というワードは恋人間で使われることはありませんし、夫婦間でも離婚に直結するワードになりますので、ここが定義づけのポイントになると言えるでしょう。

ただ、浮気はどこからどこまでで、不倫はどこからどこまでなのかは非常にあいまいです。
たとえば夫が親しい女性と食事に行った場合、これは浮気なのか不倫なのかどちらでしょうか?
浮気だと答える人もいるでしょうし、不倫だと答える人もいると思います。
また、食事に行く程度なら別にどっちでもないのでは?と答える人も多いので、親しい異性と食事に行ったから不貞行為になるというのはいささか強引だと言えるでしょう。

それではついつい気持ちが入ってしまい、キスをしてしまった場合はどうかと言うと、これは先ほどとは違い浮気と答える人や不倫と答える人も増えてくると思います。
逆に許せると感じる人のほうが少なくなるので不貞行為とまではいかないものの、不快感が残る行為と言えます。
さらにそれ以上の行為、たとえばオーラルセックスのような性的関係を持つと許せるという人のほうが少数になるでしょうから、不貞行為に該当することも多くなり、セックスに至ると不貞行為とみなされるでしょう。

ただ1回や2回程度の性的関係ではなかなか証拠をつかむことも難しいですし、そもそも気付かないケースも多いのでなかなかその時点で特定することは難しいです。
しかし継続的にそのような関係があった場合は間違いなく不貞行為に該当しますし、慰謝料請求の対象になるので性的関係があったか?というところが分かれ目になるでしょう。
加えてそこに気持ちがどれだけあったかという点もポイントになり、たとえば不倫相手に対して愛情を強く持っている状態で家庭をおそろかにしていると、これは著しく家庭環境を悪化させていることになりますので当然不貞行為になります。
この場合、性的な関係がなくても認められるケースが多いので、気持ちがどこをメインに向いているかも不貞行為かどうか判断するうえで大きな基準になります。