不貞行為の定義や慰謝料の相場までを知りたい方はここ

不貞行為と慰謝料

パートナーとトラブルになりやすい原因としてもっとも多いのが不貞行為に関することだと言われており、実際にそれがきっかけで裁判沙汰になるケースもめずらしくありません。
裁判になるということは最終的に慰謝料という形で決着することになるのですが、ここでは不貞行為とは何なのか、また不貞行為があった場合の慰謝料についてお話していきたいと思います。

はじめに不貞行為とひと言で言っても、この言葉は非常に曖昧で、人によって解釈がやや異なる場合があります。
ただ不貞行為に関して慰謝料請求を目指すのであれば、どこからどこまでが該当するのか一般的なボーダーラインを知っておかなければいけませんし、明確な基準がないとは言え、前例を見るとある程度予測できるところはあります。

まず一般的なボーダーラインについてですが、これは「性的な関係があったか」という点が大きなポイントになり、これが確認できた場合は不貞行為とみなされることがほとんどです。
性的な関係とは要するにセックスをしたかどうかという話になりますが、実はそれ以外にも不貞行為とみなされる場合があります。
たとえばオーラルセックスも性的な関係に類似するものとして不貞行為に該当する場合が多く、逆にキスは該当しないと判断することが多いです。
ひとつの基準として一緒に食事やデートをしたりキスをする程度であれ不貞行為とはみなさず、身体を触れ合ったり、オーラルセックス、セックスをすると不貞行為になると考えるのがいいかもしれません。
つまりボーダーラインは身体の触れ合いがあったかどうかという点になります。

ただ、そもそも不貞行為とは「家庭環境が著しく壊されたか」が争点になりますし、証拠が特定できなければいけませんので、実際に1,2回性的な関係があったり、それに類似した行為があったとしてもなかなか特定することは難しいでしょう。
また性的な関係にあったとは言え、強姦された場合が不貞行為には該当しませんし、相手が思い込みによって多分不倫している!と感じても当然それだけでは認められません。
重要なのは継続的にそのような関係があり、家庭環境に影響を及ぼしたかという部分なので、特定するためには何よりも自分自身が冷静に行動することが求められます。
もちろんそのような行為があっただけになかなか冷静な判断をするのは難しいというのは分かりますから、まずは信頼できる相談機関を探して、協力しながら証拠の特定に努めてください。

尚、そのような相談機構は下記を参照ください。
仙台けやき探偵事務所

さらに不貞行為に関してよく言われるのが「浮気と不倫の違い」についてで、これは一般的に恋人同士か夫婦か、あるいはどの程度深い関係だったかがポイントになります。
恋人同士の場合パートナーがほかの誰かと性的な関係を結んでも不倫とは言いませんが、夫婦になると不倫になります。
しかし夫婦の場合でも浮気というワードを使うことがありますし、この言葉自体かなりあいまいなので線引きするのも難しいのです。

簡単に言えば食事やデート、キスくらいまでは浮気、それ以上に及ぶと不倫という考え方が一般的で、裁判になった場合もここが争点の分かれ目となるケースがほとんどです。
また、あまり回数で言うのはよくありませんが、性的な関係をどれくらい継続して持っていたかも不貞行為を認めるかどうかのポイントになるでしょう。
この点は実際に交渉や裁判をしてみないと分からない部分ですし、自分自身や相手の気持ちによっても変わります。

次に不貞行為があったときの慰謝料ですが、一般的な相場はだいたい50万円から300万円程度だと言われており、ここから別居や離婚となった場合はさらにその分を請求できる理由にもなります。
別居や離婚は慰謝料を決めるときのもっとも大きなポイントになり、別居や離婚をする場合は慰謝料の金額も多くなりますし、逆に同居を継続する場合は慰謝料も少なくなります。

そしてそこに至るまでの夫婦間の関係も大きく関わっていて、それまで夫婦間で良好な関係が築けていたにも関わらずそのような行為に至った場合は慰謝料を多く請求できますし、すでに夫婦関係が破たんしていた場合は少なくなります。
さらに婚姻関係が長かったり、不貞行為をしていた期間が長いと慰謝料を多く取れる可能性が高まりますし、婚姻期間が短い、不貞行為をしていた期間も短いと少なくなる可能性が高いです。
ほかにも不貞行為が誰主導で行われたのか、子供の有無、該当者の反省の有無によっても慰謝料の金額は変わって来るので、相場はあくまでも一般的なものであることを理解してください。

何度も言いますが、もともと不貞行為の定義は非常にあいまいで、浮気と不倫の違いがあまり区別できないこともあるので、慰謝料を正確に決めることも難しいのです。
実際に行われた裁判でもなかなかスムーズに進まず、ドロ沼化してしまうこともめずらしくありません。
もしパートナーにそういったことが疑われる場合は、何よりも先に証拠を特定することが大切です。